抵当権ってなんだろう

家を建てるためには大きなお金が必要とされます。そのために金融機関から住宅ローンを組んで借金をする事が多いのですが、もし住宅ローンが支払えなくなった時のために借金の担保として不動産を預ける事を抵当権といいます。
不動産担保は住宅ローンを組むときの担保としては一般的なもので、借金をする際には必ずこの契約をするようです。ただ担保を預けるといっても現物を渡すというものではなく、住宅ローンを支払いながらその家に住み続ける事ができるのです。
無事に住宅ローンが支払い終えても、取引として抵当権の設定は残っているので、今度はその設定を消す必要があります。
住宅ローンが終了した際に、抵当権を抹消するための書類が金融機関から送られてくるのですが、これは自分で司法書士に依頼をするか、法務局などで手続きをする必要があるので作業としてはなかなか大変なようです。
夢の一軒家とはいいますが、その裏側では大きなお金の動く不動産取引なので、手続きひとつひとつを大事に進めたいものですね。