不動産の取引の種類

不動産の取引の種類には、様々なものがあります。不動産取引は売買や賃貸の取引であることが基本ですが、この売買や賃貸の取引もそれぞれ3種類に分けられています。
不動産取引は、売主と、仲介、代理の3つに分けられます。まず、取引形態が売主の場合、売買取引は直接買主と売主が行うことになります。交渉も、契約などの手続きも様々なものは全て、売主と買主で行うことになるため、仲介手数料などは一切かかりません。しかし、個人同士の売買もあるため、手続きに漏れがありトラブルになる場合もあります。但し、売主が不動産業者であることも、とても多いです。宅地分譲、建売住宅、マンション分譲などの場合です。このような場合は、不動産業者が直接販売を行っているため、手数料もかかりませんし、また、手続きもしっかりと行われます。但し、値引き交渉などは直接、買主が売主に対して行うことが必要です。
次に、仲介です。これは、中古物件などの売買の時にとても多くある取引です。不動産会社が売主から物件の販売を依頼され、広告を出して、買主を募ります。買主が現れると、売主との交渉を仲介し、手続きまで行うという取引の方法です。賃貸の物件の場合も同じように行われます。この仲介の取引の場合は、仲介手数料というものが発生します。賃貸の場合は家賃1ヶ月分、売買の場合は売買された物件価格の3%程度ですが、不動産会社によって異なっているので、確認することが必要です。
代理は、売主の代理として、買主と交渉や取引などを行う形のものです。代理であるため、仲介手数料などは発生しません。しかし、代理である以上、売主よりの交渉となります。また、賃貸物件の場合も同じように、代理で賃貸を行っている取引もあります。この場合も手数料は発生しません。
このように、不動産取引には様々な種類があります。不動産取引をする時は、これらの取引の種類をしっかりと理解した上で行うようにしましょう。