取引のタイプ(分譲・仲介)

不動産取引には物件を購入する場合でも分譲と仲介というタイプの違いがありますので、内容について理解してから物件の情報収集をすることが大切です。タイプの違いによって購入までの流れが変わりますので、不動産取引の基本について把握することが大切です。不動産取引には不動産業者が直接販売するものと、個人が売主になっているものがあります。不動産業者が売主になってるものを分譲物件といいますが、個人が売主となっているものを仲介物件といいます。分譲物件では不動産業者が物件の企画を行い施工業者に依頼して建築が進められます。完成後は企画した不動産業者が直接販売することもありますし、委託業者が販売するケースもありますが、売買契約は大元となっている企画した不動産業者と行います。マンションなどの集合住宅や、新たに宅地造成が行われた建売物件などはほとんどがこの形式によって売買が行われます。不動産取引としての特徴では新築物件がほとんどを占めますので、一戸建てであればデザインや間取りなど自由な選び方が可能ですし、マンション物件でも同様に選びやすいという特徴があります。一方で仲介物件とは個人が売主となっているものですから、売主とに契約を依頼された不動産業者が行う仕組みとなります。売主と買主の仲介役を不動産業者が行いますので、仲介手数料が発生し不動産業者の利益となります。新築物件にも仲介はありますが、ほとんどが中古物件の売買となる特徴があります。中古物件ですから市場に出ている物件の中から選ぶ必要がありますので、常に購入できるわけではないということになります。仲介物件では仲介手数料が必要になりますが、最近では買主に対して仲介手数料を無料とするサービスを行っている不動産業者がありますので、経済的に購入することが可能となっています。分譲では新築が多くなりますので、物件が完成していれば契約後にすぐにでも入居することが可能ですが、仲介物件では中古物件になりますので、居住中の場合には退去するまでに時間がかかるためすぐに入居できない場合があります。